SDGs

SDGs
SDGsとは

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2001年に策定されたMDGs(ミレニアム開発目標)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

山岡石材工業として発信するSDGsの項目と活動

安心の職場づくり

質の高い教育をみんなに
質の高い教育をみんなに

すべての人に包摂的かつ
公平な質の高い教育を確保し、
生涯学習の機会を促進する

海外からの技能研修生や全国からの学生インターンシップを積極的に受け入れることにより、すべての人に雇用、働きががいのある仕事、人間らしい仕事及び起業に必要な技術や能力を備えた若者や成人の割合の増加を目指す。

ジェンダー平等を実現しよう
ジェンダー平等を実現しよう

ジェンダー平等を達成し、
すべての女性及び女児の能力強化を行う

育児休業制度・介護休暇・時短勤務を導入。子育てや介護と仕事が両立出来る職場を作りを目指し、雇用体制にかかわらず、子供手当を支給し、社員全員が平等かつ安心して活躍できる職場環境の提供に取り組む。

働きがいも経済成長も
働きがいも経済成長も

包摂的かつ持続可能な経済成⾧及び
すべての人々の完全かつ生産的な雇用と
働きがいのある人間らしい雇用を促進する

リフレッシュ休暇の導入や技能検定等の資格取得を積極的に推進。資格取得や修行意欲を高く評価する評価体制を導入。生きがい、やりがい、働きがいのある職場環境と高いレベルの経済成⾧を目指す。

豊かな街づくり

安全な水とトイレを世界中に
安全な水とトイレを世界中に

すべての人々の水と衛生の利用可能性と
継続可能な管理の確保する

霊園開発の際、自然災害時の地域利用を想定した井戸の設置を推進し地域社会の災害対策に取り組み、住みやすい地域の環境づくりへ貢献。

住み続けられるまちづくりを
住み続けられるまちづくりを

包摂的で安全かつ強靭(レジリエント)で
持続可能な都市及び人間居住を実現する

富山駅の改修工事や河川の護岸工事など、利便性や安全性にかかわる仕事やモニュメント葬といった新しいお墓の形の提案を通して、住みやすい地域の環境づくりへ貢献。

優しい環境づくり

つくる責任つかう責任
つくる責任つかう責任

持続可能な
生産消費形態を確保する

自社工場を持つ当社の強みを生かし、修繕や補修にて既存墓石の再利用を積極的に取り入れ、また自社製品の品質に責任を持ち「10年保証」、「産地証明書」、「耐震施工」などの提供に取り組む。

陸の豊かさも守ろう
陸の豊かさも守ろう

陸域生態系の保護、回復、継続可能な
利用の推進、継続可能な森林の経営、
砂漠化への対処、並びに土地の劣化の阻止、
回復及び生物多様性の損失を阻止する

梱包材・解体工事などで出る端材等を木材チップとして再利用し、廃棄処分材を極力減らす取り組みを通して廃棄物の削減や天然資材の効率的な利用を目指す。

▼SDGsについて詳しくはこちら

外務省webサイト
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/index.html